インプラント治療を始める前にチェックすること

インプラント治療を始める前にチェックすることとして、インプラント埋入にあごの骨が耐えられるかどうか知る必要があります。特に、歯周病や顎関節症の既往症があれば、治療開始前にあごの骨の状態を完璧にするために、その病気を完治させる問題が生じます。また、美容整形であごの骨に手を加えた方も事故を引き起こす可能性が増します。最新の技術を用いれば、これらの病歴だけで絶対治療できないとは言えません。不安がなくなるよう歯科医に相談してください。よく耳にするようになったインプラントは、どんな治療かというと、まずアゴの骨に手術用ドリルで穴を開け、そこに人工の歯根を埋め込み、義歯を装着するというものです。旧来の入れ歯と比べた場合、自分の歯のように自然に食べ物を噛むことができ、見た目も義歯とは分かりません。インプラント治療には、歯科医、歯科技工士といった医療スタッフの卓越した技術が物を言うといわれています。そのくらい高度な技術がつぎ込まれた施術で、勿論それだけ治療費は高額になりますが、効果もまた高いと言えます。歯科医によっては、この患者にはインプラント治療を適用できないとしてレントゲンやCT検査の結果、その先へ進めないこともあります。ただ、「骨の厚みが足りない」や「インプラントと義歯を入れるだけのあごの余裕がない」といったことであればまだあきらめなくて良いかもしれません。最新設備を駆使して、腕のある歯科医が治療すれば従来はできないといわれていた症例でも治療ができるようになっています。よく調べて、最先端の治療が受けられる歯科医院を探して、問い合わせてみましょう。

カテゴリー: 美容 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です