転職に適する時期

一般に転職に適する時期は、3月や9月頃は求人を出す会社が増えます。もし2年以上勤続していれば、すぐに辞めるだろうという悪いイメージを与えないでしょう。働きたい職種がはっきりしている場合、求人情報をチェックする事を習慣づけて、募集を見つけたらタイミングを逃さず申し込むといいのではないでしょうか。欠員が出た時だけ募集をする職場だと、その瞬間を知るのが難しい事もあります。通常、転職する時、有利とされている資格の一つに中小企業診断士という資格があります。中小企業診断士資格を取得すると、経営に関するノウハウを持っていることが証明できるため、その会社にとって貴重な存在であると認めさせることができます。法律に詳しい行政書士やお金に詳しいことを証明するファイナンシャルプランナーも、転職の大きな後ろ盾となるでしょう。転職しようとする場合に持っておいたほうが有利な資格として、社会保険労務士や公認会計士がその一例になります。いままでの職歴を生かした転職活動を考えている人にもお勧めできる資格です。社会保険労務士という資格があれば、総務、人事関係の業種に就きやすくなりますし、公認会計士の資格を得ていれば財務や経理関係の仕事を得られやすくなります。せっかくがんばって転職をしたのに、挫折を感じる事も珍しくありません。やっぱり、転職前の仕事が良かったと思ってしまったり、年収が理想と違ったり、転職先の空気に合わない事もあるようです。転職を失敗しないためには、資料集めを十分に行う事が大切です。もちろん、自己PRをする力も必要不可欠になります。ゆっくりと取り組んでください。転職をする際に求められる資格は、専門職の他は、そんなに多くないようですが、所有している資格が有利に働くということでは、やっぱり、国家資格が有利でしょう。それと、建築、土木関係の場合、建築士のように「業務独占資格」と称される、その資格を有していないと実際に仕事につけないという仕事が多くあるので、狙い目と言えるかもしれません。

カテゴリー: 日記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です