葉酸はいつ飲む

葉酸はいつまで飲むのが良いのか疑問に思っている方もいますよね。一般的には妊娠前から妊娠3か月の間、葉酸を摂ることが最も重要な期間であることは、疑いようがありません。それでは、妊娠後期の妊婦には葉酸が必要ないのでしょうか。確かに妊娠後期における葉酸摂取は、妊娠初期ほど言及されていません。ですが全く摂らなくなっても良いのかというと決してそうではないんですよね。胎児が先天的な障害を発症する可能性を抑えてくれる、という葉酸の効果だけを見た場合に、皆さんがご存知の「妊娠前から妊娠3ヶ月まで」が大変重要な期間という事ですので、この時期での摂取を特に意識して欲しいという事であって、葉酸の摂取はこの期間だけに限った話ではないのです。このところ、妊娠中の女性にとって重要な効果をもたらす栄養素として「葉酸」が様々な働きをしていることが分かっています。葉酸とは、ビタミンB群に属する栄養素で、妊娠中の十分な摂取によって、葉酸の摂取不足の場合に対して、胎児が神経系障害を発症するリスクが下げられたというデータがあるのです。具体的な一日の葉酸摂取量の推奨値として、厚生労働省は一日当たり0.4mgの葉酸の摂取が最も効果的であると勧告しています。葉酸の摂取は、妊娠後出来るだけ早く摂取することが望ましいとされています。赤ちゃんを授かったその時から、健やかな成長を促せるように、妊娠中の方はもちろんのこと、妊娠を計画されている方や妊活中の女性も、積極的に摂取した方が良いでしょう。妊婦にとって必要不可欠な栄養素である葉酸は、サプリによって補給するのが、一番手軽で安心です。いつまでサプリを飲み続けるのか、という問題ですが、多くの場合、妊娠前から授乳期を過ぎるまでサプリでの補給が望ましいとされています。妊婦にとって、葉酸が一番必要となるのは、「妊娠初期の3ヶ月間」というのが有名です。しかし、胎児だけでなく、ママの健康をサポートするという意味においても欠かせない栄養素なんですよね。こうした点から、妊活中の段階で、葉酸サプリを積極的に摂取し、授乳が終わるまでサプリを活用するのが、最も葉酸を効果的に働かせる飲み方だと言えます。妊活中には、普段から飲む機会の多いお茶にも気を配りましょう。妊活に効果が高いお茶としては、タンポポ茶ですとか、ルイボスティーが良いようです。これらはノンカフェインなので、赤ちゃんを授かる可能性の高い妊活中の方にとっても、胎児の成長にも優しい、理想的な飲み物です。中でも、ルイボスティーには貧血を防ぐ効果があると報告されていますから、無事に妊娠した後も、ぜひ飲み続けてみましょう。妊娠を希望する女性や妊娠中の女性など、妊娠に関わる方が一番気にする栄養素と言えば、葉酸ですよね。葉酸は胎児の正常な発達に寄与する栄養素なのですが、いかに大切な栄養素であっても、過剰摂取は禁物ですから、一日の適切な摂取量を守って下さい。中でもサプリは普段の食事から得られる葉酸よりも、はるかに高く入っているため、サプリでの摂取は、定められた用法を守るようにしましょう。どのようなサプリでも過剰摂取は身体に悪影響を及ぼしますが、葉酸の場合は胃が荒れるため、食欲不振や吐き気といった副作用があらわれる場合があります。胎児は喘息を発症するリスクが上がるという報告があるようですから、適切な量の摂取を守るようにしましょう。

カテゴリー: 健康 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です