転職の理由

どういった転職理由が適当かというと、まず、本気で転職したくなった理由を振り返ってください。考えた通りに話す必要はないので、自分に正直に、ノートに記入しましょう。そして、それがネガティブに受け取られないように言葉の使い方を変更してください。転職理由に関することばかりだと言い訳のように聞こえてしまうので、長さには注意しましょう。転職する理由は、書類選考や面接において大変重要です。相手に理解してもらう理由でないと評価されません。ですが、転職したい理由を聞かれても上手に言えない方も多いでしょう。たくさんの人が履歴書を書く時、面接を行う時に、悩まされるのが、この転職理由になります。転職に成功しない事も珍しくありません。やっぱり、転職前の仕事が良かったと思ってしまったり、年収が理想と違ったり、転職先の空気に合わない事もあるようです。ですから、転職を上手に乗り切るためには、リサーチが大切です。そして、面接官に良い印象を与えることも必要なのです。ゆっくりと取り組んでください。転職活動は辞職前から行い、転職先が決定してから、辞職するのが理想でしょう。退職してからの方が時間的に自由ですし、すぐにでも働き始めることができますが、すぐに転職先が決まらない事例もあります。職の無い期間が半年を超えてしまうと、就職先が減少していきますから、転職先のことを考えずに今の仕事を辞めないようにしてください。転職する場合、履歴書の職歴欄には読み手に伝わりやすいように記入しましょう。今までご自身がされてきたお仕事の内容を伝えられれば、新しい職場に馴染み、力を発揮できるか、採用担当者も想像がつきやすく、判断の材料になります。また、意外と気にされない方が多いのが履歴書の写真ですが、街角の写真ボックスなどではなく、撮影スタジオで、撮ってもらうのが良いかと思います。誤字や脱字など、書き間違えてしまった時は、面倒でも、新しい履歴書をつかってください。

カテゴリー: 日記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です