産み分け

妊活の時に、本を買って「産み分け」について学びました。上の子が男の子でしたから、次の子は女の子が欲しいと考えていたからです。本に載っていたように、排卵日を特定した後うまくタイミングを合わせたりしながら、産み分け法を実践しました。無事に妊娠し、うれしいと同時に赤ちゃんの性別が分かるまでは期待と不安でドキドキしていました。結果は女の子だったので、とても嬉しく思っています。一般的に、多くの葉酸を含んでいると言われる野菜は、モロヘイヤ・小松菜・菜の花といった青菜の野菜です。妊娠後、可能な限り早く、これらを摂取するようにしましょう。葉酸の適切な摂取は赤ちゃんの先天的な脳異常の発生リスクを低減するという話があります。十分な葉酸摂取のために、毎日たくさんの野菜を食べるのが辛いという方も居ると思います。そんな時には納豆やホタテといったもので葉酸を摂取するのをオススメしたいです。あまり頑なに考えすぎず、臨機応変に葉酸を摂取するのが良いでしょう。葉酸はいつまで飲むのが良いのか疑問に思っている方もいますよね。一般的には妊娠前から妊娠3か月の間、葉酸を摂ることが最も重要な期間であることは、疑いようがありません。それでは、この期間を過ぎた妊婦に葉酸が要らないのかと言うと、そんなことはありません。葉酸の働きである、赤ちゃんが先天性の障害を発症するというリスクを低減してくれるという話では、妊娠前から妊娠3ヶ月までの間が注意が必要な期間ですので、お腹に赤ちゃんがいる間でも、特に妊娠3ヶ月までの葉酸摂取が、強く勧告されているという事です。胎児の健やかな成長に欠かせない栄養素である葉酸ですが、簡単に摂取する方法として、サプリを利用するのが、最もポピュラーですね。それでは、葉酸サプリを飲む期間はいつがベストだと思いますか?殆どの場合が、妊娠前から授乳期の終わりまでが、葉酸サプリによる補給期間に当てはまります。妊婦にとって、葉酸が一番必要となるのは、妊娠初期から3か月目までだというのが、よく耳にすると思いますが、母体にとっても必要不可欠な栄養素です。なので、妊活の時点から早めに葉酸サプリを活用して、赤ちゃんへの授乳が終わるまでをサプリによる葉酸の補給期間とすることが、最も適切だと考えられます。妊婦にとって、葉酸摂取による効果はさまざまなものがあります。その中でも適切な葉酸摂取が、胎児の先天的脳障害のリスクを下げる事に繋がるという点は忘れてはいけません。妊娠する可能性がある方は、普段の生活の中で、十分に葉酸摂取を心がけることが大切だと思います。毎日の葉酸摂取を手軽に行いたい、と考えている方には、葉酸サプリをおススメします。サプリでしたら定期的な葉酸摂取が難しくないですから一番簡単な方法だと言えます。2人目 産み分け 女の子

カテゴリー: 健康 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です