石けん系シャンプーのデメリットとメリット

石けん系シャンプーのデメリットですが、ほとんどがアルカリ性でできているところです。髪は弱酸性でできているので、アルカリ性シャンプーを使用した場合、髪の一本一本を覆っているキューティクルが開き、毛羽立った状態になるという難点があります。そのことから、洗っている最中、もしくは洗い上がりに、髪がきしんでしまうというデメリットがあるのです。そして、石けん系シャンプー専用のリンスを使用した場合、髪が酸性に戻ることから、きしみやゴワつきは解消されるものの、高級アルコール系シャンプーのような使用感の良いシャンプーから乗り換えた場合、不快感から使用を挫折してしまうというデメリットがあります。もちろん、これは石けん系シャンプーを使用した直後のことで、しばらく使い続けると、きしみは減り、使い心地も改善されていくので、心配はありません。石鹸系シャンプーのメリットとしては、添加剤が少なく、刺激も弱く、適度な洗浄力を持っているところです。そのため、育毛のために石鹸系シャンプーを愛用している人がたくさんいます。中でも皮脂の分泌が多い人は、適度に強い洗浄力を持つ石鹸系シャンプーはふさわしいと言えます。髪が芯から丈夫になるというメリットも指摘されています。20代女性の育毛剤の口コミ

カテゴリー: 美容 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です