肌 キメがない 原因

肌のキメがない原因は何なの?

肌のキメがない原因は、どこにあるのかというと、まず乾燥が挙げられます。肌のキメがある人は、皮溝の幅が狭くて皮丘が均一に揃っています。きれいな三角形が並んでいる状態がキメのある肌です。キメが整っていると、肌に透明感が出てきます。肌にキメがない人は、 皮溝の幅が広く、皮丘が不揃いで、入り乱れて並んでいます。肌にキメがない人は、皮溝が浅くてつるっとしていて、見た目、肌がくすんで見えます。肌のキメがない人の皮丘は、水分がなく、萎んでいます。肌に弾力やハリが無い状態になっているので、しっかり保湿してやる必要があります。肌のキメがない原因は、乾燥によるところが大きいのですが、角質の乱れや紫外線などの外部刺激、加齢によるターンオーバーの乱れなども関与しています。ターンオーバーがうまくいかなくなると、古い角質が剥がれず、角質層に残ってしまうので、角質ケアが必須です。間違ったスキンケアも、肌のキメをなくしてしまいます。普段からピーリングをしすぎていたり、 洗顔時に強くこすりすぎている人は、肌表面の角質を傷つけやすいので、肌のキメをなくしやすいです。

肌のキメが細かくなるスキンケア習慣

肌のキメが細かくなるスキンケア習慣は、とても大事です。キメの荒い肌の人は、皮脂の分泌が多いので、ニキビ肌になりやすくなります。ニキピ菌などの菌が集まってきやすい肌の状態になっているので、ニキビ肌の人は、肌をきれいにしておく必要があります。肌のキメが乱れるのは、温度や湿度などの環境や、紫外線などによるダメージ、ストレスなどの内的なものが影響しています。一番影響を受けやすいのが乾燥で、皮丘内の水分が不足すると、肌がたるんでしまいます。肌のキメが乱れてくると、皮膚がザラつき、硬くごわついてきます。ハリとツヤが失われると同時に、小ジワも増えてきます。また、キメが荒くなると皮丘の大きさが不揃いになるので、肌の色がくすんで見えてしまいます。肌のキメを細かくするには、しっかり保湿するというスキンケア習慣が大事です。肌に水分が含まれると、皮丘は盛り上がり、皮溝が小さくなってキメの荒さが目立たなくなります。肌のキメが荒い人は、普段から化粧水でたっぷりと保湿し、最後に乳液やクリームで蓋をして乾燥を防ぐことが大事です。紫外線も肌のキメの乱れの原因になるので、紫外線対策を万全にしましょう。

 

毛穴ケアのおすすめクレンジング


このページの先頭へ戻る