毛穴ケアのおすすめクレンジング

肌のキメが荒い人の肌はどう見えてるの?

肌のキメが荒い人の肌はどう見えてるのかというと、ニキビ肌のように見えています。肌のキメは人によってちがいますが、肌のキメが荒い人は汚く見えます。ニキビになりやすい肌で、表面がなめらかでなく、ザラザラです。実際、肌のキメが荒い人の肌は、ニキビができやすいです。肌のキメが荒くなるのは、分泌される脂の量が多いからで、それを外に出そうとして毛穴が開いている状態です。肌のキメが荒くなると、皮溝が深くなり、皮丘が不ぞろいになります。毛穴が開いているので、見た目には荒く見えます。肌の表面がかさついているのも肌のキメが荒い人の特有の症状になります。キメが荒いのは、肌の水分不足が原因なので、化粧水を保湿成分の高いものに変えてやる必要があります。また、3日に1回はパックをしてやる必要があります。そして、しっかりと十分に睡眠時間を取ることが大事です。油分は肌に良くないので、油っこいものは控えるようにします。肌のキメが荒いと、人からは不潔に見えるので、エステに通ってしっかり指導してもらうというのも一つの手です。

肌のキメが細かい人の肌はどう見えてるの?

肌のキメが細かい人の肌はどう見えてるかというと、俗にいうもち肌に見えています。肌のキメが細かい人は、とてもすべすべしていて、しっとりしています。ニキビになりにくい性質の肌で、肌はザラついていません。キメの細かい肌の人は、皮脂の量が少なく、毛穴も小さくて皮溝が浅いです。皮丘がそろっていてすべすべの肌なので、見た目はとてもきれいです。キメ細かい肌の人は、ニキビができにくく、皮膚の表面がとても繊細でなめらかな状態です。肌の見た目がきれいで、触るとなめらかな状態がキメの細かい肌ということになります。キメが細かい肌の人は、表面の状態が美しく、皮丘と皮溝が作り出す三角形やひし形の網目が規則的で均一です。キメの細かい人の肌をよく見ると、毛穴がほとんど目立ちません。浅く細い皮溝が特徴で、肌に弾力性があります。皮丘が小さくて盛り上がっている状態で、見た目が美しいです。美しく均一な起伏を作り出しているので、見た目がとてもなめらかに見えます。実際、キメが細かい人の肌を触ると、なめらかで柔らかいです。モチ肌というのは、まさにきめの細かい肌の状態を指しています。

 

毛穴ケアのおすすめクレンジング


このページの先頭へ戻る